このページの先頭です
ここから本文です
マリラとアン[第14章 アンの告白]

どこまでもほほえましい・・愛すべき子どもアン

「あら、何か言ってしまうまでは、ここにいなくてはならないって小母さんが言ったから、あたし、ピクニックに行かなくちゃならないもんで、告白しようと決心したのよ。」
アンはものうげにこたえた。
「夕べ、床にはいってから、告白を考えだして、できるだけおもしろいようにしたの。そして忘れたらいけないと思って、何度も何度も言ってみたの。でもやっぱり、小母さんは行かせてくれなかったから、あたしの苦労もすっかり、無駄になってしまったわ。」
マリラは我慢しようとしても、どうしても笑わずにはいられなかった。
しかし、すまないことをしたと思った。


英文

"Anne Shirley," said Marilla solemnly, "I've just found my brooch hanging to my black lace shawl.
Now I want to know what that rigmarole you told me this morning meant."
"Why, you said you'd keep me here until I confessed," returned Anne wearily, "and so I decided to confess because I was bound to get to the picnic. I thought out a confession last night after I went to bed and made it as interesting as I could. And I said it over and over so that I wouldn't forget it.
But you wouldn't let me go to the picnic after all, so all my trouble was wasted."
Marilla had to laugh in spite of herself. But her conscience pricked her.
"Anne, you do beat all! But I was wrong--I see that now.



フォトブック予約承ります