このページの先頭です
ここから本文です
マリラとアン[第13章 待ちこがれるピクニック]

抱きつかれ、キスされる・・母性愛の極み

「なら、もう心なんぞ悩ます必要はないよ。わたしがこしらえてあげるからね。」
「まあ、マリラ、なんてよくしてくれるんでしょう。まあ、なんてありがたいんでしょう。」

さかんに、「まあ」を連発してからアンはマリラに抱きつき、夢中になって、マリアの血色の悪い頬にキスをした。自分の顔に子どもの方から進んで唇をつけられるのは、 生まれて初めてなので、またもや、あの気も転倒するような甘い、快い感激をマリラは味わった。
彼女は内心ひどく喜んだのだが、そのためか、ぶっきらぼうに言った。

「さあさあ、そんなつまらないことでキスなんかしなくてもいい。それより早く、きちんと言いつけ通りにしてくれたほうがいいよ。・・・・」


英文

"Well, it needn't prey any longer. I'll bake you a basket."
"Oh, you dear good Marilla. Oh, you are so kind to me. Oh, I'm so much obliged to you."
Getting through with her "ohs" Anne cast herself into Marilla's arms and rapturously kissed her sallow cheek. It was the first time in her whole life that childish lips had voluntarily touched Marilla's face. Again that sudden sensation of startling sweetness thrilled her. She was secretly vastly pleased at Anne's impulsive caress, which was probably the reason why she said brusquely:
"There, there, never mind your kissing nonsense. I'd sooner see you doing strictly as you're told."



フォトブック予約承ります