このページの先頭です
ここから本文です
マリラとアン[第7章 アンのお祈り]

誰かがひきとってやらなくちゃ! グレイン・ゲイブルズのアン誕生!

「マシュウ、誰かが、あの子をひきとって、ものごとを教えてやらなけりゃなりませんよ。
まったくあの子は異教徒と紙一重なんですからね。
今までお祈りをしたことがないなんて信じられますかね。
明日、牧師館から『明け方から ピプ・オブ・ディ』を借りてこようと思います。
そして人なかへ出せるような服ができしだい、日曜学校へやらなくちゃ・・・・。
きっとあの子のしつけがわたしの手いっぱいの仕事になっちまうに決まってますよ。
まあまあ、世の中を渡っていくにはそれぞれ、割当てられた苦労をしなくちゃならないんだからね。
これまではかなり気楽に過ごしてこられたけれど、どうやらわたしにも苦労がきたようだ。
まあ、せいぜいうまくきりぬける工夫をしなけりゃなりますまいよ。」


英文

"Matthew Cuthbert, it's about time somebody adopted that child and taught her something.
She's next door to a perfect heathen. Will you believe that she never said a prayer in her life till tonight?
I'll send her to the manse tomorrow and borrow the Peep of the Day series, that's what I'll do. And she shall go to Sunday-school just as soon as I can get some suitable clothes made for her.
I foresee that I shall have my hands full.
Well, well, we can't get through this world without our share of trouble.
I've had a pretty easy life of it so far, but my time has come at last and I suppose I'll just have to make the best of it."



フォトブック予約承ります