このページの先頭です
ここから本文です
マリラとアン[第5章 アンの身の上。]

なんと飢えた、愛情かつえた生活を送ってきたのだろう
____苦しい、貧しい、人に顧みられない生活
マリラにはアンの身の上から事実を察するだけの洞察力があった


「その人たちは____トマスのおかみさんや、ハモンドの小母さんは____あんたによくしてくれたかね?」とマリラは横目でアンを見やりながら聞いた。

「二人ともそのつもりではいたのよ____できるだけ、よく親切にしてくれたかったことは分かっているの。
だからよくしてくれたい気持さえあれば、その通りにいかなくてもかまわないわけですものね。
ほら、二人とも苦労がたくさんあったでしょう?
酒飲みの夫を持っているって、とても骨が折れるものだし、続けて三組も双子ができたら大変でしょうしね。
でも、二人ともあたしによくしてくれたかったには違いないと思うの。」

マリラはそれ以上何も聞かなかった。
アンは口をつぐんだまま、うっとりと海岸通りを眺め、マリラは深い物思いにしずみながら、馬をはしらせていた。
急にこの子に対する哀れみにマリラは動かされたのである。
なんと飢えた、愛情かつえた生活を送ってきたのだろう。
____苦しい、貧しい、人に顧みられない生活。
マリラにはアンの身の上から事実を察するだけの洞察力があった。


英文

"Were those women--Mrs. Thomas and Mrs. Hammond--good to you?"
asked Marilla, looking at Anne out of the corner of her eye.
"O-o-o-h," faltered Anne.
Her sensitive little face suddenly flushed scarlet and embarrassment sat on her brow.
"Oh, they MEANT to be--I know they meant to be just as good and kind as possible.
And when people mean to be good to you, you don't mind very much when they're not quite--always.
They had a good deal to worry them, you know. It's very trying to have a drunken husband, you see;
and it must be very trying to have twins three times in succession, don't you think?
But I feel sure they meant to be good to me."

Marilla asked no more questions.
Anne gave herself up to a silent rapture over the shore road and Marilla guided the sorrel abstractedly while she pondered deeply.
Pity was suddenly stirring in her heart for the child.
What a starved, unloved life she had had -a life of drudgery and poverty and neglect;
for Marilla was shrewd enough to read between the lines of Anne's history and divine the truth.



フォトブック予約承ります