このページの先頭です
ここから本文です
アンの失敗[第11章 アン日曜学校へ行く。]

マリラが頭痛で出かける事ができなかったため一人で行くことになったアンは、
道すがら、優雅ではない(アン的には)容姿を補うために、
帽子に風に揺れるキンポウゲや咲き乱れる野バラで作った重い花輪を飾り立てて出かける。
リンド夫人から子細を聞いたマリラはアンを叱る。



英文

Anne promptly and liberally garlanded her hat with a heavy wreath of them.
Whatever other people might have thought of the result it satisfied Anne, and she tripped gaily down the road, holding her ruddy head with its decoration of pink and yellow very proudly.



フォトブック予約承ります