このページの先頭です
ここから本文です

Marilla's neadle work マリラのお針箱




トートバッグ

ローラアシュレイのストライプ生地は、実は仕立ててもらったブラウススーツのあまり布です。2003年にアトリエ展をしたときに、先生に似合うものを仕立ててあげる・・・・と申し出てくださる方があり、私は大好きなローラアシュレイの生地を選び縫っていただいたものです。その方は洋裁の達人で、私のように囲み製図でしかしてないような中途半端なことはされない本格的にドレメ洋裁を習得された方でした。そのときに出たあまり布で、ぜひとも、かばんが作りたいと思っていたのが、4年越しでやっと実現したわけです。 私らしくランダムワークのパッチワークで・・・心の赴くままにキジをつなぎ・・・思いっきり自由につくってみました。ストライプの組み合わせの角度といい・・色のバランスといい・・・・・・完璧!!!完璧に山本朝子好みです。この夏、特に8月は・・・・ほんとに生きるか死ぬかの問題になるであろう程のハードワーク・・・・。あまりの忙しさにさすがの私も、人知れず・・・涙をこぼれたほどでした。何でこんなに忙しいのか・・・?寝る暇もないほどの仕事の量って想像つきます????それをどれを日延べすることのなく・・・迷惑をかけることもなくやり遂げ・・・やっと9月を迎えました。ひとつ残っていたのはこの9月に発表するはずとなっていたこのバッグの仕上げです。パッチワークは早くからできていて・・・何の差しさわりもなかったのですが・・仕上げのほうがほとんど手付かずでした・・・それを遅ればせながら2時間たらす、集中して仕上げて間に合わせた・・・その快感!!!幸せとはこんなことをいうのでしょうか・・・・。自分の計画がすべてその予定通りに運んだ達成感・・・。涼しくなり・・・あの仕立てて頂いたスーツを着てこのトートバッグを持ってお出かけ・・(=仕事ですが)これ以上の贅沢はありません。このバックに出会ったらほめてやってください・・・・。ようやった!!って。よろしくお願いいたします。(asako)