このページの先頭です
ここから本文です

Marilla's neadle work マリラのお針箱




ワインレッドの手縫いの毛布とクッションたくさん・・・・

ワインレッドの暖かそうな綿の生地・・・アトリエグリーンのフリース。娘がフランスから帰ってきた日・・・。早朝から関空に迎えに行って、家に着くと時差のある娘はすぐにお休みモード。私は妙にうきうきしてしまい・・・一気に二枚も縫い上げた。たぶん・・・・二枚とクッション6個、それを5時間くらいでぬっちゃった・・・。なぜだか分からないけど・・・。きっと・・久しぶりに二人でソファーに並んで座り暖まりたかった・・・(笑) 弱気な夢だわ・・・(笑)荷物が空いていたら・・おそろいの色のこの毛布一枚をパリにもってかえってほしかった・・・余り他人に興味のない私たちはいつも自分のことを報告するのに我先に時間を使う・・ひたすら楽器ををいじるヒト・・ひたすら針を動かすヒト・・・昔から・・・並んで座り、別々の事をした。  お嬢さんに持って帰ってもらえなかったワイン色の毛布は今はわんちゃんのお座り場所となったりしてる。お気に召さないわけは、クリスマスみたいな色だったからかな・・・? 「孫が出来たら・・・毛布や布団はぬってあげる・・」というと聞こえないふりをした・・。いいもんね。迷惑でも、布団も全部縫うもんね。針仕事は爽快な気分にしてくれる私だけのオリジナルの世界に入れるリフレッシュタイム。夢中になれる大好きな時間・・・食べることも寝ることも忘れて熱中する。細い消え入りそうな・・・これだけのちっぽけな針が作り出す大きな世界に魅せられる・・何よりも大好きな時間。 一番大事な人を思い出すバレンタインの月、独り言です。ひとりごと・・・・・(asako)